· 

第三話 禅定で人生の苦が解消できるか


釈尊とともに歩む


行脚55年―――

一笠一杖の乞食(こつじき)雲水として全国各地を遊行し、

日本の仏教各宗派の門を叩き教えを乞うて感得したことは、

 

宗派仏教ではなく、仏法の根本である 仏祖釈尊の原点に帰り、

釈尊の原点に立って、釈尊とともに歩む」であった。


煩悩魔軍を打ち破って、煩悩を除くことが 悟りには違いがないが、

 

ただそれだけでは 十分とはいえないし、

 

また、 悟りが完成したとはいえない―――

 

それはどういうことか?

 

「第二話」からのつづき

台湾のかわいい尼僧さんと(竹林精舎にて・インド)



禅定で人生の苦が解消できるか


私は21日間断食行(「森の和尚からの手紙」第五話第六話 大死大活)を行じたが、

 

断食行や禅定では 人生の苦の問題を解決することはできないと知った。

 

行としての 21日間断食行で、 何を体験し、 何を摑むかは、人、様々だと思います。

私の場合、 断食行のはじめのうちは、

 

食欲との戦い、

 

次にくるのが 性欲との戦いでした。

 

 

そして、14日から15日目あたりになると、

 

自然にとけこみ 清々しい心境になり、 世俗の諸々の欲望がうすれて行きました。

 

 

18日目頃から脈搏が時々結滞(けったい)し、ということが 切実に感じると同時に、生への強い執着 心を支配しました。

 

 

このへの執着を乗り越えると―――

 

一時  深い禅定に没入し、

 

煩悩妄想の流れは(せつ)(だん)され 我見執着を離れた 自由自在の境地 味わうことができました。



ところが、 断食後、白湯(さゆ)に近いうすい重湯(おもゆ)を口にすると、

 

胃袋にしみわたり 全身がカッとあたたかくなり 食欲が出てくる。

 

次に 体力が回復してくると、 性欲がわき起こってくる。

 

そして、 娑婆世界にもどると またまた  煩悩魔軍との(いくさ)がはじまりました。

 

 


 

私は4度の「21日間断食行」と長年の下坐行(路上坐禅)の体験から、

 

禅定や苦行では 自分の煩悩妄想を消滅できない と知りましたが、

 

では、 どうしたらよいか 考えに 考えた結果、

 

釈尊が出家後、 歩まれた道筋を、 もう一度はじめから  たずねなおすことにしました。

 

 


釈尊時代の実践修行法


*禅定(ぜんじょう)

 

 禅(禅那)という梵語の音訳と定という漢文訳を合わせて禅定という。禅と同じ。

 

・禅とは、心(精神)を一つの対象に集注して、心の散乱を防ぎ、

私欲をはなれ、智慧を身につけて真実の理に(かな)う、いわゆる定慧(禅定と智慧)の均等をはかる行法。


 

釈尊時代の実践修行法は、

 

正統派系の禅定と、非正統派系の苦行 二大別することができる。

 

 

正統派では、通俗的には 広く祭祀(さいし)祈祷(きとう)が行われていたが、

 

高い立場の修行方法としては、ウパニシャッド(Upanisad)哲学(古代インドの一群の哲学書)で、


解脱の方法として説かれた
瑜伽(ゆが)Yogaヨーガ)禅定があった。

 

これは 樹下などに坐り 静かに瞑想して、

 

精神を統一し、 寂静の神秘境に入り絶対者(ブラフマン)(宇宙絶対原理である人格神) との合一を実現して、

 

無念無想の状態 に達したりすることである。

--------------------------------

 

これに反して、 非正統派では

 

肉体を極度に苦しめる さまざまの苦行や、

 

食物の量を減じたり、ある期間 まったく食事をとらない 断食を行い、

 

肉体のはたらきを弱めたり 無くしたりすることによって、精神の自由な活動を得させようとするのである。

 

-----------------------------

 

このように、当時の中心的な修行法は、

 

正統派の禅定と、 非正統派の苦行との 二つに大別できる。

 

 

 


無所有処(むしょうしょ)(じょう)       アーラーラ・カーラーマ


釈尊がアーラーラ・カーラーマ仙人について修行をした地。
(現在のインド・ビハール州ヴァイシャリー)


釈尊は、29歳の時に、王宮の在家生活を捨てて、出家求道の旅に出られたが、

 

本格的な修行をするため、上述の二つの方法を試みられた。

そして、
釈尊 沙門(シラマナ・サマナ)の 宗教活動の一大中心地である

ヴアッジ国の首都ヴァイシャリー(現在のインド・ビハール州ヴァイシャリー)を目指された。

 

 

当時、ヴァイシャリーの郊外にアシュラム(ヨーガの道場)をもっていたアーラーラ・カーラーマという仙人がいた。

 

彼は 

「無所有処定」(何物も所有・執着せず、無一物・無執着の状態となった禅定)という高い禅定を得ていた。

 

 


 

アーラーラ仙人の教えを

原始仏典『仏本(ぶっほん)行集(ぎょうじつ)(きょう)』(60巻)の 2122の資料から考察すると、 次の5点に要約することができる。

 

・第1――人間は無智のために生死流転の苦しみを受けているが、

     正しい修行によって この苦しみの世界から 解脱することができる。 

    それによって 智慧に到達することができる。

 

 

・第2――修行の中でもとくに中心をなすのは禅定である。 

    禅定は瞑想し精神統一することであるが、その精神的体験には さまざまな段階が区別され、

    師の指導と 当人の天分や努力しだいで、どの程度まで進むことができるかそれぞれの相違がある。

 

   アーラーラ自身は「無所有処定」というところまで 到達していたが、 それはまだ最高の段階ではなかった。

 

 

・第3――この教団でも宗教ないし宗教的体験を「ダンマ」すなわち「法」と名付け、 

     主として禅定の修行によって宗教的理想を実現できるものといわれていた。

 

 

・第4――アーラーラ仙人は必ずしも 自分で独創的な教義や実践を発明したものではなくて、

    古来いくたりかの仙人が 実践して教授していた 教えにもとづくものと信じていた。

 

 

・第5――当時の多くの教団と同じように、アーラーラの修行道場でも祭祀(宗教儀礼)も行われていた。

 

 

 

・アーラーラ仙人のアシュラムは大体このような性格をそなえていたと思われます。

 

 

 

釈尊は、後年、アーラーラ仙人が体得している 無所有処定の境地に短期間で 彼と同じ境地に到達された

 ―――と述懐されています。

 

このアーラーラ仙人の下には、多数の門弟がいましたが、誰ひとりとして、その禅定を得た者はいなかった。

 

それが、今、この若い釈尊自分に劣らない禅定の境地に達したのを見て、アーラーラ仙人は 大いに驚き喜んだ。

 

そして、自分はもはや年老いているから 弟子たちを自分に代わって指導してくれるように懇願した。

 

しかし、釈尊 この高い禅定を得ても満足することができなかった

 

 


成る程、

 

入定 即ち、心を統一集中した禅定の境(無我の境)に 這入っている間は、

 

心は無念無想となり、不安や苦悩と離れることができる。

 

 

ところが、その禅定から出て普通の状態に戻ると、

 

そこには やはり不安や苦悩は依然として存在し、 絶対の心の平安 得られたとはいえない。

 

 

人生の不安や 老・病・死への恐怖 依然として存在する

 

 

‐‐‐‐‐ここだ!

 

 

その瞬間、私が直面していた重くて堅い壁の何処かに、たとえわずかながら 穴をうがつことができたように感じた。

 

 

何処がどうというのではないが、もやもやとして 重苦しかったものの 一角が少し破れて

 

次の新しい視界 見えてきたことだけは確かであった。

 

 

 

・この段階で 釈尊はどうされたのか?

 

アーラーラ仙人は

無所有処(むしょうしょ(なにものも そこに存在しないと知る 三昧の境地) の状態になることが目的であって、

 

それ以上のものではなかった。

 

そこで、この禅定 なお理想的なものではなく

 

自分の求めている 真の悟りではないと知り、 アーラーラ仙人の所を去り、

 

さらに高い理想を求めて、ウッダカ・ラーマプッタ仙人の ところに行かれた。

 

 

 

 

 

 

 

ヴァイシャーリーに残る、

アショーカ王の石柱と
ストゥーパ(仏塔)。


非想非非想処(ひそうひひそうしょ)(じょう)  ウッダカ・ラーマプッタ


 

釈尊は、マダカ国の首都ラージャグリハ(現在のインド・ビハール州ラージギル)に滞在中、 一人の仙人を訪れた。

 

ウッダカ・ラーマプッタといい、700人の弟子を有し、人々から尊敬されていた 禅定の第一人者であった。

 

 

 

釈尊は、ウッダカ仙人に「あなたは誰を師としましたか」とたずねました。

 

ウッダカ仙人は「私はもともと師を持たず、自然に悟ったのだ」と答えた。

 

 

釈尊ウッダカ仙人の教えを聞き、彼に就いて学んだ。

 

この人は、前のアーラーラ仙人の「無所有処定」よりもさらにすぐれた

 

「非想非非想処定」という高い禅定理想の境地としていた。

 

 

これは、インド・ヨーガの禅定の中の最高のものであって、

 

そこには想念があるのではなく、 ないのでもない―――というように、

 

心が理想的に静まった無念無想の状態である。

 

 

これは、通常の思考をすべて超越し、ただ純粋の思想のみが残る という状態で、

 

インドでは 一般に禅定三昧の最高段階 と考えられている。 

 


 

釈尊は、ウッダカ仙人のところでも、その教えを聞いて これを実践すると、

 

やがて 師と同じ境地に達することができた。

 

 

しかし、ここでも 心の安らぎ得ることできなかった。

 

 

そのために禅定修行によっては、決して自分の求めている理想が到達され得ないことを知り、

 

ウッダカ仙人が、自分が隠退してもよいから、

 

自分の門弟たちの指導を引き受けてほしいとの懇願を振り切って そこを立ち去られた。

 


禅定では人生問題を解決できない


 

釈尊は、最高の禅定者として、自他ともに許している 二人の仙人の所で、彼らと同じ高い禅定を得ても、

 

それは けっして人生の問題の解決とはならないことを知った。

 

 

では、どうしてインドの正統派の禅定は、釈尊真の理想導くことができなかったのか?

 

 

 

二人の仙人の禅定は、理論的には、正統派の二元論に基礎を置いている。

 

それによれば、本体的存在としては、

精神と物質の二元があり、 精神はその本性からいって、常に理想を求め、自由な活躍を希求する。

 

 

精神がなんらの障害もなく、本来の機能を十分に発揮することができれば、

 

私たちは理想的な自由な活躍ができ、そこには 何の不安も苦悩も生じない。

 

 


 

ところが、物質としての肉体は、私たちの精神を束縛し、心の自由なはたらきを妨げる。

 

 

従って 精神が自由に活躍できるためには、物質や肉体からの束縛を除き去らねばならない。

 

 

物質的な束縛を 除き去る方法 禅定である。

 

 

精神が 物質的束縛をはなれ、無念無想の 禅定に達することによって、

 

精神ははじめて自由な活躍ができる―――とされている。

 

 

しかし、肉体が存在しているかぎり、精神は肉体からの束縛を完全に離脱することはできない。

 

 

無念無想というような 高い禅定 はいっている時だけは、

 

精神は肉体の束縛を受けないで、自由自在のはたらきができるとしても、禅定を出て普通の精神状態に戻れば、

 

心は物質や肉体からの束縛を受けて、自由自在のはたらきができなくなる。

 

 

故に、精神が絶対の自由を得るためには、肉体が無くなった死後でなければならない ということになって、

 

肉体がある間は、真の解脱得られないことになる。

 

そこに インドの正統派の禅定には 限界があった。

 

 


禅定の修行から苦行へ


 

釈尊は、禅定の面では、当代一流の人々について学び、

 

彼らと同等に、また彼ら以上の境地にまで到達することができた。

 

それにもかかわらず、それは 彼らが自ら主張していたような、

 

人生問題の解決とか、人生の最高理想とかいうものでなかった

 

 

 

釈尊は、現世における不安や苦悩の解決現実の状態における理想の到達念願とされていた。

 

 

だが、禅定 究め得られる所まで 究めても、最後の理想 到達され得ないとすれば、

 

いま一つの修行法の 苦行によっては、あるいは、それが得られるかもしれない――――と考えられた。

 

何事も自分で実参実究して見なければ、その可否は 定められない―――というのが、釈尊の立場であったからだ。

 

 

そして、釈尊は、多くの苦行者たちが集まって修行をしている ウルヴェーラーの苦行林へと向かわれた。

 

 

「第四話」につづく 

 

 

平成29年4月15日

           宗教法人 自然宗佛國寺     開山  愚谷軒 黙雷


 

自然宗佛國寺・開山 黙雷和尚が、
行脚(徒歩)55年、下座行(路上坐禅)50年の修行のもとに
連載でお伝えしています

下記FBに「いいね!」を押して頂ければ、更新時に届き、   

また、住職:釈 妙円FBからもご覧いただけます。



#禅定で人生の苦が解消できるか #悟りの完成 #21日間断食行 #食欲との戦い #性欲との戦い #自由自在の境地 #煩悩妄想を消滅できない #釈尊時代の実践修行法 #禅定 #苦行 #ウパニシャッド #瑜伽 #瞑想 #無所有処定 #アーラーラ仙人 #ウッダカ仙人 #非想非非想処定 #禅定三昧の最高段階 #心の安らぎ #絶対の自由 #真の解脱