· 

1月の言葉




霜にたたかれ、雪に埋もれ、寒気にさらされ、

苦難と試練に耐えぬき、

その千年の翠をいよいよ輝かせている老松の見事さ、

その松の下で一人の老翁が花を楽しんでいる。

 

まことにのどかな風景です。

 

風雪に耐え抜いてきた老松のように、

世の風波を生き抜いてきたならばこそ、

老翁には超然たる風格がある。

 

悠々世事を忘れて

春ののどかさを楽しんでいる老翁の心をもってすれば、

世はまさに万国の春です。

 

―――この境地こそ、

自然の不動の姿、

何事があったにせよ、

ただただのびやかに、まろやかに過ごせる境地なのです。

 

      松千年、

 

   今日も新たな若葉なり


本年も、よろしくお願いいたします。


自然宗佛國寺・開山 黙雷和尚が、
行脚(徒歩)55年、下座行(路上坐禅)50年の修行のもと連載でお伝えしています

 

下記FB:自然宗佛國寺「今月の言葉」から、毎月1日掲載 

 

皆様の「いいね!」や「シェア」が、著者の大なる励みとなり、感謝合掌いたしております。 

 

また、住職:釈 妙円FBからも掲載。